AX

世田谷自然食品「乳酸菌が入った青汁」の乳酸菌について

植物性ラクトバチルスカゼイ菌

そもそも乳酸菌のラクトバチルス属は植物性と動物性の2種類に分けられます。

私たちは「乳酸菌」と聞くとすぐに「ヨーグルト」を連想してしまいますが、ヨーグルトに含まれているラクトバチルスは動物性になります。

もっぱら、植物性のラクトバチルスは動物性のものよりも酸に強いので、生きたまま腸に届きやすいです。

植物性のラクトバチルスカゼイ菌は、ヨーグルトではなく、日本の伝統的な食品でもあるお漬物やお味噌などの発酵食品などに含まれています。

また、植物性のラクトバチルスカゼイ菌は、お米からも分離することができます。

世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」に使われている乳酸菌は、お米由来の植物性ラクトバチルスカゼイ菌で、青汁1包当たり100億個入っています。

日本人にとって「お米」は、縄文時代から馴染みのある食糧。

「お米由来」という事は、私たち日本人の体質に古代から馴染み深くて合っていると考えられますね。

「植物性なので酸に強く生きたまま腸に届く」それに「日本人に合っているお米由来」という事に注目して、お米由来の植物性ラクトバチルスカゼイ菌が素材として選ばれたのだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ